アメリカの首都で楽しむお酒ガイド:ワシントン D.C.、バージニア州、メリーランド州のワイン、ビール、スピリッツ

アメリカの首都圏には、350 軒以上のワイナリーと 200 軒以上の醸造所、シードルメーカー、蒸留所があります。受賞歴のあるワインから成熟した味わいのビールまで、おいしくてユニークなお酒が楽しめるワシントン DC、バージニア州、メリーランド州の見逃せないスポットを探しましょう。

由緒ある美しいバーバーズビルヴィンヤーズ (バージニアツーリズムコーポレーション)
Jefferson Vineyards in Virginia
버지니아 주 샬로츠빌의 제퍼슨 빈야드에 방문해 수상 경력의 포도주를 맛보세요 (バージニアツーリズムコーポレーション)
Union Craft Brewing, Baltimore, Maryland, USA
メリーランド州ボルチモアのユニオンクラフトブルーイングのタップルームで、樽から注ぐビールを味わってください。
Springfield Manor Winery, Distillery, Frederick, Maryland, USA
メリーランド州サーモントのスプリングフィールドマナーワイナリー&ディスティラリーはワインとクラフトスピリッツを専門に製造しています。
Jefferson Vineyards in Virginia
Union Craft Brewing, Baltimore, Maryland, USA
Springfield Manor Winery, Distillery, Frederick, Maryland, USA

提供: Heather Lalley

首都圏のワインカントリー

「トラベル&レジャー」誌で世界屈指の新しいワイン生産地と認定されたバージニア州。そのバージニア州のシャーロッツヴィル周辺にある 30 軒のワイナリーでは、トマス・ジェファーソンによるワイン造りのビジョンを掲げ、豊富な種類のぶどうを栽培しています。 由緒ある美しいバーバーズビルヴィンヤーズ(Barboursville Vineyards)の敷地内で、ピクニックはいかがでしょうか。 壮大なブルーリッジ山脈(Blue Ridge Mountains)の眺めが素晴らしいアーリーマウンテンヴィンヤーズ(Early Mountain Vineyards)は、生物多様性と持続可能な農業を実践していることで知られています。 また、風光明媚なジェファーソンヴィンヤーズ(Jefferson Vineyards)では、かつての馬小屋でワインテイスティングができます。

フレデリックワイントレイル(Frederick Wine Trail)には、メリーランド州の 6 つのワイナリーがあり、ゆるやかにうねる丘に 36 ヘクタールのぶどう園が広がっています。 このトレイルでは、1972 年に初めてぶどう栽培を開始したフレデリック群で最も古いワイナリー、リンガノアワインセラーズ(Linganore Winecellars)を訪れてみましょう。 それとも、1765 年当時の荘園である 53 ヘクタールものスプリング・フィールド・マナー・ワイナリー&ディスティラリー(Springfield Manor Winery & Distillery)の壮観な景色を楽しむのはいかがでしょうか。

Bountiful Brews

首都圏はどこもビール愛好家の楽園! ワシントン DCでは、DC ブラウブルーイングカンパニー(DC Brau Brewing Company)を訪れましょう。人気のビールを 1956 年から醸造しています。なかでも最も人気を誇る「ザ・パブリック」ははずせません。 すべての電力を太陽光発電でまかなっている醸造所、アトラスブルーワークス(Atlas Brew Works)もお勧めです。 メリーランド州ボルチモアでは、ヘビーシーズエールハウス(Heavy Seas Alehouse)をチェックしてみてください。自家製エールや IPA、スタウトに合うコンフォートフードが楽しめます。 ボルチモアのユニオンクラフトブルーイング(Union Craft Brewing)は、お馴染みの人気ビールや季節のエールを飲むことができるほか、タップルームの外にさまざまなフードトラックが交替でやって来ます。

バージニア州へ行くなら トラベルチャンネル(Travel Channel)が北アメリカ有数のビール産地と名付けたバージニア州。 リッチモンドにあるハーディーウッドパーククラフトブルワリー(Hardywood Park Craft Brewery)は、再生可能エネルギーのみを使用して、75 リットルのバッチで新しいビールの製造を試みています。 RVA トロリー(RVA Trolley)のビールツアーに参加すると、ジェームズ川の河畔に立つレジェンドブルワリー(Legend Brewery)など、リッチモンドにある醸造所のいくつかを見学することができます。

ワシントンダレス国際空港にある DC クラフトブルーズ(DC Craft Brews)では、首都地域のクラフトビールを飲むことができ、旅行先への移動中やその帰りにも地ビールが楽しめます。 DC クラフトブルーズはコンコース D にあります。ワシントン DC、メリーランド州、バージニア州のクラフトビールやワイン、伝統的なパブ料理を提供しています。

スピリッツとハードシードルを楽しむ

ワシントン DCは蒸留の一大中心地となりつつあります。 ワシントン DCで 100 年ぶりに創設されたニューコロンビア蒸留所(New Columbia Distillers)では、プレミアムジンを製造しています。季節ごとのジンをぜひお試しください。 ジンやウイスキー、ウォッカのテイスティングとツアーを楽しむなら、ワンエイト蒸留所(One Eight Distilling)がお勧めです。 それとも、ジョス A マグナス& Co., DC(Jos.A.Magnus & Co., DC)の「最新にして最古」のバーボンやジンの蒸留所で喉を潤してはいかがでしょうか。ここでは禁酒法時代以前の蒸留酒を再現していることで知られています。

少量のバッチのスピリッツを楽しむなら、メリーランド州の東海岸にあるブラックウォーター蒸留所(Blackwater Distilling)やリオン蒸留所(Lyon Distilling)を訪れましょう。 ラウドン郡にあるカトクチンクリーク(Catoctin Creek)は、バージニア州で禁酒法以後に建てられた初めての蒸留所です。地元産の穀物や作物を使用して製造しています。 ミドルバーグにあるマウントディファイアンスサイダリー&ディスティラリー(Mt.Defiance Cidery & Distillery)の アブサンも必ず試してほしい一品です。すべて天然の素材を使用し、昔ながらの方法で作られています。

アクセス方法

ワシントンダレス国際空港は首都圏の中心部に位置し、ワシントン DC、メリーランド州、バージニア州への観光に大変便利です。 ワシントンダレス国際空港への直行便を利用することにより、当地へは簡単にアクセスできます。